• HOME
  • 見えてるつもりが見えてない!?

見えてるつもりが見えてない!?

40代のお客様だとそんな話がよくあります。さて、どういうことか。

先日も実際にあった話ですが、ご来店された40歳代後半のお客様が「私は目がいいし、老眼鏡も必要ないのだけれど」と前置きされて、「最近、疲れ目が気になって」とご相談を受けました。

早速、検眼させていただいたところ、両目での視力は0.5の近視という結果になりました。

これ実は以前は遠くがよく見えていても、少しずつ時間をかけて近視になっていくことで、視力が落ちていることに気づかないことがあって、今回もそのケース。

このように思い込みによって放置されてしまう方も結構いらっしゃいます。
とりあえず、近視の矯正を両目で1.0に合わせて試してもらうと、「びっくりするくらい遠くが見えるようになった」と言われた次の瞬間、

「手元が全く見えません・・・」

これは40歳を節目にほとんどの方が遠くから近くまでのピントを合わせられる幅が狭くなるので当然なことなのです。

このお客様も近視が進んだことにより「近く」だけはピントを合わせることができたのですが、「遠く」へのピントまではカバーできず、見えてないはずの「遠く」が見えていたのは実はただの思い込み。
よくあるケースなのですが、その度に人間の思い込みパワーの凄さに翻弄されます。

老眼とは近くが見えにくくなるものだと思われがちですが、このようにピントの奥行きの範囲が狭くなる状態のことをいいます。
つまり裸眼で遠くが見えれば遠くだけ、逆に近くが見えれば近くだけしか見えない状態です。矯正でどちらかに合わせても同じです。

実は40歳代後半の方で老眼でない方など殆どいません。
45歳前後の方でも大抵はサポートレンズがあった方が好ましいです。

なかには我慢する方もいらっしゃいますが、無理をすると逆に進行しますし、少しでも若いうちからサポートメガネに慣れるのはこの先を考えるととても賢明なことなのです。最初に使うレンズが、度が進んでから作る強めの矯正レンズだったりすると悲惨な結果となるリスクが高まります。例えば、クラクラして立って歩けないような。。。

このお客様は結局、用途や生活習慣を問診させて頂き、車の運転にも支障のない「遠近サポートレンズ」でメガネを作らせていただきました。

視力検査の直後こそ軽いショックを受けられているご様子でしたが、お選びいただいた上品なフレームがとてもお似合いで、「メガネをかけて出かけるのも楽しいかも。」と、お引き渡しの時には、大変ポジティブなお言葉と明るい笑顔を頂戴いたしました。

(ハウスではお客様のフレーム選びにも力を入れていますので。。。)


決めては「視力検査」とレンズ選び。

「どうも最近視力が落ちてきた」
「パソコン画面を見ていると疲れる」
「夕方の疲れ目が気になる」
「活字を見るのがなんとなく億劫な気がする」
「今のメガネの度は本当に合ってる?」

心当たりのあるあなた、
無理に頑張ると余計に目が疲れます。また、視力を損なう原因にもなります。

そして脅しではなく、肩こり・頭痛・吐き気などの体の不調を招く原因にもなりますので注意が必要です。

また、脳に伝わる情報の55%が視覚情報だと言われています。その事実もあって、視力に違和感を感じることで集中力が低下することが実証されています。

ですので、適正なメガネで視力矯正することは快適に暮らすために、本当にとても大切なことなのです。
そして、残念な事にそれにお気付きでない方が結構いらっしゃいます。視力矯正したお客様のなかには

「びっくりするほど世界が変わった」

なんて話も大げさではなくよくある話です。
こちらからすると「もっと早く来て頂けたらよかったに」というのが本音。
ただ、特に初めてメガネを必要とする場合は、違和感に気付かない事も多いです。

そこで当店では、今のあなたの目の状態を気軽に知っていただくために、
視力検査のみの場合でも無料ですることにしています。
検査結果で何も必要なければそれでいいですし、お手伝いが必要なら丁寧に説明させていただきます。


矯正が必要な場合

私たちは、メガネのレンズを検査データだけでお作りしているわけではありません。あまり知られていないことですが、メガネレンズメーカーにはそれぞれの設計があり、異なる特徴があります。
その特徴によって、同じ度数でも見え方も異なってくるので、レンズをお作りする段階で、あなたの好みの見え方に最適なレンズメーカーを絞り込むわけです。ここがエキスパートである認定眼鏡士の腕の見せ所。あなたにより良いメガネをお届けできるよう、日々レンズマッチングを心がけています。

少しでも視力に違和感のある場合は
どうぞ、お気軽にお問い合わせくださいませ。
ご来店をお待ちしております。


検眼・レンズ交換・フレーム修理
メガネのことなら何でもHAUS眼鏡サイトへ
お気軽にご相談下さい。